生命保険とは

そもそも生命保険とはなんでしょうか。
あくまでも万が一の場合、不慮の事故や病気などに備えて加入しておくものです。
人が生きている限り、常に一瞬先の命が保障されているわけではありません。

もし扶養している家族が居る場合、大切な人たちが居る場合、自分になにかあった時、きちんと生活していけるかどうか。
美しい表現とはいえませんが、人は衣食足りて礼節を知るという言葉もある通り、生活にはお金が必要不可欠です。

一口に生命保険といっても種類がたくさんありますが、加入してから月々一定の金額を支払い、保険の内容に該当する何かが起きた場合に保険金がおりる、というものです。

しかし、先の見えない未来に不安を募らせてただ闇雲に過剰な保険をかけていれば良いわけではなく、保険料が無駄にならないように工夫することがたいせつです。

特に、環境が変わった時が多くの場合変え時です。
妊娠出産、もしくは定年などがその最たる例です。
そういった場合は保険の種類そのものが見直される場合もあります。
また、受取人が変更される場合もあります。
例えば死亡保険ですと受取人は肉親に指定される場合が大半ですが、内縁の妻などに指定される場合もあります。
そのような時は調査が入ることもあります。
会社によってちがいますが、基本的には、お互い独身であること、同居年数、ある一定の期間内に結婚の予定があるかどうかなどです。

ただ、不正を防ぐ目的で、生命保険の受取人は誰でもなれるわけではなく基本的には2親等以内の血族です。

Copyright © 2014 生命保険が下りるにはルールがある All Rights Reserved.